瀬戸市のクリストバライト強化磁器食器
耐熱陶器の春暁陶器株式会社

〒480-1207 愛知県瀬戸市品野町1丁目94番地
TEL 0561-42-0101 / FAX 0561-41-1235

製品案内

学校給食用強化磁器

学校給食用強化磁器

食品衛生法で定められている安全基準をクリアしています。
転写の模様やイラストも自由に入れることができます。
絵付けも『イングレーズ』という上絵を釉薬の下に沈み込ませる方法を用いますので、有害物質などが溶け出すこともありません。

学校を含む集団給食用器では、プラスチック製品が多く採用されてきました。割れたり重かったりという理由で敬遠されてきた陶磁器ですが、当社の軽く割れにくい特性を持ったクリストバライト製品は全国で採用が増えています。

もちろん特注の型や柄での対応も可能です。

施設用強化磁器

施設用強化磁器

普通の陶磁器の約3倍の強度を持ちながら軽く扱い易くなっています。200℃までの耐熱性があります。

福祉施設や病院、社員食堂、レストランなどへの納入実績があります。

クリストバライトについて詳しくはこちらをご覧ください。

洋食器

洋食器

レストランでの使用にも十分耐える強度を持っています。
透光性があり、白く美しいのもクリストバライト製品の特徴です。

通常の陶磁器製品の破損率が20~30%ですが、クリストバライト製品は10%以下と言われています。

(銀の部分はイングレーズではなく上絵となります。)

和食器

和食器

洋食器だけではなく、和食器でも同様の美しさと強さが生きます。和食器特有の絵付けも当社の得意とするところです。
安全で鮮やかな絵付けが可能です。

特殊な形状の製品

様々な形状の製品

その他、複雑な形の製品であってももちろん制作が可能です。
例えばこのケトルは直火で使うことが可能です。

クリストバライト強化磁器とは

クリストバライト強化磁器とは

いままでの強化磁器は、アルミナを50%混入して強度を出していましたが、アルミナは比重が高く高配合の商品ほど製品も重くなりがちでした。
そこで私たちは、食器に必要な強度は何かを総合的に考えてアルミナの混合比率を下げ、強度を保持するために高圧碍子で耐落雷衝撃性強化に使われている結晶コントロール技術(クリストバライト強化)を食器の製造技術として取り入れました。
これにより従来の製品に比べて8%~10%の軽量化を実現しました。
陶磁器の焼成温度では不透明な状態のアルミナの配合を押さえることで透光性が増し、美しい色合いとなりました。

石英の比重は2.65ですがクリストバライトに変わることにより比重が2.33となります。
アルミナ強化磁器のアルミナ配合は普通30%程度で、クリストバライトを生成する事で強度が増しますのでアルミナ配合を20%まで押さえる事が出来ます。
アルミナの比重は3.90ですから、同じ形状であればその分、相対的に軽くなるのです。

クリストバライト強化磁器の断面の電子顕微鏡写真です。
写真下の白線が10ミクロンの単位ですから結晶の大きさを比較して下さい。
クリストバライトは赤で囲んだ中央に核を持ち回りが黒くなっている部分です。

 

イングレーズ


表面のガラス質の溶ける温度まで上げることにより、絵の具が釉薬のガラス質の部分に沈み込むように絵付けします。
絵柄の上をガラス質の釉薬でおおってしまうので、絵付けが経年劣化で剥がれてくるということがありません。 転写紙を使用して多彩に表現することができます。